浜松医科大学 卒後教育センター浜松医科大学 卒後教育センター

ENTRY

研修医日記

2024年6月1日 プライマリケア実践講座

 研修医1年目のMです。
 6月1日のプライマリ・ケア実践講座を拝聴させて頂きました。今回は呼吸器内科、循環器内科、内分泌内科でした。

 呼吸器内科では喘息の最新知識をご教示いただきました。喘息には多くの治療薬があるものの根幹の薬は変わらないということや、現在は長期間症状をおさえる治療を目標としていることなど、興味深い内容が目白押しでした。

 循環器内科は心電図の読み方や、不整脈があったときの治療法についての講義でした。即座に命に関わる不整脈をはじめ、特に重要な不整脈についてその場で対応できるための知識を事細かに学ぶことができました。

 内分泌内科のテーマは糖尿病の代表的な薬、インスリンについてでした。インスリンには様々な種類があり、患者様にあわせて適切な種類と投与量を選択する方法を実践的に身につけることができました。

 こうしたありふれた疾患に対する知識は、科の垣根を超える「研修医必須の知識」であると痛感しました。研修が浅いこの段階で確実な知識を得られたことは非常に貴重であったと思います。ありがとうございました。

見学のお申込みはこちら 質問・ご相談はこちら